完璧に見えて実は負ける可能性があるマーチンゲール法の落とし穴

マーチンゲール法は負ける!そんな声がよくありますが、実際のところマーチンゲール法のロジックは完璧であり、理論上は確実に勝つことができます。
ただしマーチンゲール法には落とし穴があり、ロジックの崩壊に繋がってしまいます。

では完璧に見えるマーチンゲール法ですが、どのような落とし穴があるのでしょうか?
そこで今回の記事では、完璧に見えて実は負ける可能性が十分にあるマーチンゲール法の落とし穴について解説していきます。

まずはマーチンゲール法について復習したあとに後落とし穴を理解し、最後に落とし穴に落ちないための注意点を書いていきますので、是非参考にしてみてください。

完璧に見えるマーチンゲール法

完璧に見えるマーチンゲール法

まずはマーチンゲール法のやり方を振り返ってみましょう。
ゲームの種類は問いませんので、的中率約50%で2倍の配当を得られるゲームを選びます。
例えば1ドルをベットしたと仮定し、勝てば2ドルになって払い戻しされますので、当然利益は1ドルです。

もしハズレてしまった場合には倍額の2ドルをベットし、勝てば4ドルです。
初回ベット金額と2回目を合わせると3ドルをベットしていることになりますが、4ドルが戻ってくるため、損失を回収しつつ1ドルの利益が出ます。

つまり負けたら倍額ベットし、勝った時点で利益確定!これがマーチンゲール法のロジックです。
このように一見完璧そうに見えるマーチンゲール法ですが、実は「テーブルリミット」「資金不足」という2つの落とし穴があるのです。

テーブルリミットという落とし穴

オンラインカジノで遊べるゲームには、必ず「テーブルリミット」が設定されています。
テーブルリミットとは「最小ベット金額/最大ベット金額」のことで、一般的には「MIN100/MAX10,000」などと表記されます。

マーチンゲール法は負けたらどんどんベット金額が上乗せされていくため、気が付いたら最大ベット金額に到達してしまい、マーチンゲール法を続けることができなくなる可能性があります。
その時点で莫大な損失が確定してしまいます。

配当2倍のゲームのテーブルリミットは決して低くはありませんが、十分な資金を持っていれば、到達の可能性があることを忘れてはいけません。
これがマーチンゲール法で負ける典型的なパターンの1つであり、「理論上は勝てる」と曖昧な表現の理由でもあります。

資金不足という落とし穴

資金不足という落とし穴

マーチンゲール法はある程度資金に余裕が無ければ失敗する可能性の高い攻略法です。
改めてマーチンゲール法で連敗した時のベット金額を並べてみますとわかりますが、たとえ1ドルから開始したとしても、「1ドル→2ドル→4ドル→8ドル→16ドル→32ドル」と倍々で増えていきます。

しかしこれはあくまでもベット金額であり、実際に使っているお金は「1ドル→3ドル→7ドル→15ドル→31ドル→63ドル」となります。
6連敗の時点で63ドルを失い、7ゲーム目は64ドルをベットしなければいけません。

つまり用意している資金が100ドルだった場合には、6連敗が限界で、7ゲーム目にベットできず、マーチンゲール法は失敗に終わります。
このような事態を招いてしまわないよう、十分な資金を用意しておきましょう。

勝ち逃げと損切りに徹しよう

資金を次々と追加できる大富豪でしたら問題ありませんが、一般的なユーザーはマーチンゲール法に使える資金に限度があるものです。
資金に限度がある以上、必ず勝ち逃げと損切りに徹し、資金ショートや莫大な損失を防がなければいけません。

いくら勝ったら(何連勝したら)勝ち逃げする、いくら負けたら(何連敗したら)損切りする、のようにきちんと資金力に合わせた自分なりのルールを決めておきましょう。

特に重要なのが損切りで、マーチンゲール法に限らず、全てのギャンブルにおいて損切りこそ最大の攻略法であり、「損切りを制する者はギャンブルを制す」と言っても決して大袈裟なことではありません。

損失を確定して止めるのはとっても悔しく辛いものですが、資金に限度がある以上は損切りの覚悟を持ってマーチンゲール法に挑みましょう。

まとめ

まとめ

今回は、完璧に見えて実は負ける可能性が十分にあるマーチンゲール法の落とし穴についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

マーチンゲール法のロジックを知ることで、どれだけ完璧な攻略法なのかをご理解いただけるかと思いますが、実は「テーブルリミット」「資金不足」という2つの落とし穴があります。
テーブルリミットとは最大(最小)ベット金額のことで、あまりにも連敗が続いてしまうと、あっという間に到達します。

また負けたら倍プッシュを続けなければいけませんので、資金に余裕が無ければこちらもあっという間に資金不足に陥ります。
これらマーチンゲール法の落とし穴にハマってしまわないよう、ご自分が用意できる資金力に応じて、勝ち逃げと損切りを徹底しましょう。

あとは自身で決めたルールを守り、根拠の無い自信を持ったり、無茶なベットをしないよう十分にご注意ください。
少しでもアツくなった時点で、マーチンゲール法の崩壊が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です